トイブロ

自分の感情を大切にするブログ

子供の顔写真をネットにアップする親について

どうもトイザです。キンモクセイの香りがどうも好きになれませんがあの香りは秋を感じますねー♪

さて、SNSが若い世代の文化に染み付いた世の中になりましたね。とても便利で人と人が近いような遠いようなこの不思議な世界。

僕の周りには自分の子供の写真をガンガンアップしてキャッキャ言ってる方々が多数います。これに関して少し思うことを書いていきたいと思います。

自分の子はかわいいからネットにアップして周りの反応を見たい

子供ができると想像していた以上に自分の子がかわいい。同じくらいの歳の子もかわいくみえますが、比べ物にならないくらい愛おしくかわいく見えてしまいます。

それをみんなにも共有して欲しくて、ネットにアップ!

するとリア友は少なからず反応してくれます。「かわいい」の一言をもらった日にはやっぱりうちの子はかわいいんだ♪なんて。

しかもそこから友達の輪が広まったりして。一人ぼっちの子育てが寂しく無くなったり。

せいぜいその程度の理由で子供をネットの海へ放り投げているんでしょう。

そう。ネットの世界に放り投げている

僕は本人がネットの世界に顔を出すのは全く問題無いと思います。身元が特定されるとか、いたずらや嫌がらせ。もしそんな事が起こっても自己責任です。

でも子供はどうでしょう?

「親の私が一緒にいるから大丈夫」

「私が親なんだから子供をどうしようが勝手」

確かに今はそうでしょうね。そんな事言う親は自分のエゴを子供に押し付けているとしか思えませんが。

世の中には写真を悪用した犯罪やそれを自分の欲求のはけ口にしている人がかなりいる事を覚えておいて欲しいです。

開放的な空間と閉鎖的な空間。その閉鎖的な空間を見落としている我が子大好きな親が多いと感じます。

子供はいつまでも子供じゃない

トイザ…。当たり前の事言ってんじゃないよ。

でもこれ分かってない人がネットに子供の顔を晒してるんではないかと。

自分に当てはめたらどうでしょう。自分がいざ大人になった時、大人と言わずネットの世界を使うようになった時、使ってみたら自分の顔を知ってる人がたくさんいる。

自分の名前を検索したら0歳から今までの顔写真が表示される。

怖…。

子供の将来を潰している可能性があるならそれはやらないに越したことはない

改めて子供の写真をネットにアップする事について考え直してみると恐怖しか無い。

自分の承認意欲や満足感を得るために子供を使っている人はその考えを早いうちに見直して欲しいです。

鍵をかけても、それを見れる友達が違うところにアップする可能性もあります。

子供を守れるのは親のあなたしかいない!