トイブロ

自分の感情を大切にするブログ

ブログの書き方を調べていたらネットの世界を知ってしまった

こんにちは、トイザです。

 f:id:dream-619-22:20170911140112j:image

ブログを書き始めてやっと30記事超えました。

ここまで別に頑張ってもいないので、考え深い事も特にない訳ですが、こんなスタンスでブログを運営している人。いますか〜?

 

ブログを始めた理由など考えると、多くの人が「自分の考えを誰かに伝えたい」そこからお金が少しでも発生すれば儲け。

 

的な感じでブログを始めるのではないでしょうか。

 

実際、僕も最初の内はそう思ってました。「ブログの書き方」なんか必死に調べて、多くの人に見てもらえるように文章を考えて考えて考えて…。

 

1500文字を目安になるべく頻度を多めに書いたり。

 

ある程度記事が溜まったらアドセンスに応募してみたり。僕のブログに広告なんて貼れるのかなーと軽い気持ちで送ったもので、承認された時は結構嬉しかったです。

 

そんなこんなで自分の考えをつらつらと書いているだけのブログですが、読んでくれる人がいることにとても感謝しています。

 

前置きが長くなりましたが、今の僕のブログへのモチベーションと周りのブロガーさんへ思うことを少し書きたいと思います。

 

ブログに書き方はない

最初の内、僕はこれを必死に調べていた記憶があります。どう書けばいいのか。どういう見出しでどういうタイトルで。色々調べましたが、結局コレ!!という答えはないんですよね。

 

大雑把な書き方は書いてあります。題名を書いて、前置きを書いて目次をつけて見出しで区切って。

 

その後はやはりその人次第なところがあって、そこから読みやすい文章をかけるかどうかはその人の努力次第。才能次第なところが大きいと感じます。

 

毎日更新を意識すると自分が辛くなる

これは僕の場合だったので、みなさんに当てはまらないかもしれません。

 

毎日更新!毎日何か記事を書く!そんな気持ちでブログの事を考えると、思いのほか頭は疲労します。

 

プロブロガーやフリーランスの方、自分の時間が余っている人にはできるかもしれません。

 

普通に社会人で勤めていると仕事しながらブログの事を考えて、帰ったらブログを書いて。そんな事をしていると、書く事が嫌いになってしまいます。

 

何かを誰かに伝えたい。そんな思いが生まれてブログを始めたのにブログを嫌いになってしまうのは勿体無い。

 

書きたいときに書きたいことを好きなタイミングであげるのがベストです。

 

フリーランスという言葉への疑問

ブログの世界に足を踏み入れてみると「フリーランス」という言葉が横行していて正直驚きました。

10年社会に出て仕事をしていますが、僕は恥ずかしながらその言葉を

 

知りませんでした。

 

「自営業」といえばみんなに通じることを「フリーランス」という言葉を使ってかっこよく見せる。この言葉考えた人天才かよ。とも思いました。

 

ブログで飯を食っている人も多くいて、やはり時代はネットだなと思う反面、結局自営業。大変な世界だなとかなり思います。

 

ましてや、大学を出て最初からネットの世界で稼いでやろう!と思える若者には脱帽します。

 

YouTubeも大きくなっている時代。確かに最初から自分の好きなことを仕事にできたらとても幸せなことだと思います。

若ければチャレンジしたいと思えてしまう

僕も憧れます。自分の発信したい情報をどんな形であれ発信して、そこからお金をもらう。

しかも普通のサラリーマンとして働く何倍ものお給料がもらえる。

 

そんなうまい話、できることなら乗っかりたい。

 

浅はかな考えで、仕事をせずにネットの世界で生活しようと、もう少し僕自身若ければ思っていたかもしれません。

 

ただ、うまい話には裏があるではないですが、僕はこの広告収入の世界にはとても大変な努力と時間と運と才能が必要だとヒシヒシと感じてなりません。

 

趣味程度で最初は十分なのではないでしょうか。

多くの人は思考停止している

サラリーマンの多くは「思考停止」しています。

 

毎日同じ時間に出勤して同じような業務をこなして、残業があれば残業して、帰宅してご飯を食べて寝る。

 

この生活をしている人が日本に多くいる以上、これが当たり前でおかしなことではありません。

 

当たり前で普通。これで良いと思っている人がとても多くいます。

 

だから普通じゃない人が特別になって、価値が生まれています。

 

僕自身、ブログを書くようになって半年ほどですが、そんなことを感じつつ、それでも当たり前の中に飲み込まれないように、少しでも世の中の流れに飲み込まれないように、もがくことで精一杯です。

 

最後に

まとまりのない文になってしまいましたが、ブログを始めたばかりのみなさん。ネットの中にあるうまい話にはすぐに乗らずにその世界を片足だけ入れて体験してみるのも良いでしょう。

 

僕も今片足だけ入れて体験している最中です。