トイブロ

恋に遊びに人付き合いのコツ。雑記ブログ

RADWIMPS 「Tummy」を聞いて激しく共感してしまう僕

f:id:dream-619-22:20170708155059p:image

僕はRADWIMPS(ラッドウィンプス)が大好きなんです。

いい歌は数え切れないほどあります。

その中でも自分の子供が生まれてから特に大好きな曲。それが題名にもあるようにTummyです。

 

YouTubeリンクを貼ろうとも思ったのですが、公式がなかったため貼りませんでした。

以下歌詞です。

今から宣戦布告
二人の子供にきっと僕 嫉妬すんだよ
きっとそうだよ あぁ もう想像つく
君と血が繋がっているなんて なんて羨ましいやつだって
おとな気なんてこれっぽっちもなく 耐えられなくなって頬を濡らす

根掘り 葉掘り 生まれて間もない その子に僕は尋ねてみたい
お母さんのお腹はどうでした 僕が見れない景色はどうでした
さぞ素晴らしい さぞ美しい 十月十日の旅だったんだろう
僕よりも彼女を知っている 君が嬉しくて どこか悔しくて

Welcome to the new world
From the tummy of such a mighty little girl
For the rest of all my days when I say beautiful,you're beautiful
I'll be always talking about you or your mom,now hey

Welcome to the new world
From the tummy of such a mighty little girl
I can't find a better reason to live for I'm here for•••
I'm not gonna say it, no I'll never,I'll just keep it in my arms

負けてばかりもいられない
よちよち歩きもおぼつかない
我が子だろうとそこは手抜けない
さぁさぁ正々堂々と男の勝負を

子守唄なんてもんも 読み聞かせるような本も
あなたには必要ない おとぎ話はいらない

あなたが産まれるまでのママの話をしよう
この世のどこにもない物語 俺の人生を

時に粉々にしたり ひっ掻き回してみたり
眩しすぎるってくらい キラッキラにしてくれたり
出逢うまでの俺の日々をただの予告編に
全部独り占めにしたがりのママの作戦に

まんまと 俺はかかったんだよ いつか君も分かるよ 全部使ったんだよ
一生の運を あの時きっと 一生分ぎゅっと 詰めてもやっと
いけるかいけないかくらいのラッキーの使い道と使いどころを
知ってたんだ

Welcome to the new world
From the tummy of such a mighty little girl
For the rest of all my days when I say beautiful,you're beautiful
I'll be always talking about you or your mom,now hey

Welcome to the new world
From the tummy of such a mighty little girl
I can't find a better reason to live for I'm here for•••
I'm not gonna say it, no I'll never,I'll just keep it in my arms

She'll be always mine you better keep that in your mind
Exception will be never made in case of any kind
I kept that oath my very first
but you're the one who broke that first

Listen to me; I'll never say twice,I won't tell you much
So be strong not fist more deeper in you
I'll always love you but second to your mom,of course
I can't give it you

When ever you're in lack of some warmness
Or maybe some time you feel hopeless
There's nothing better to touch
I guarantee you that,little boy

さらに詳しく和訳も読みたくなった方はこちらを参考にしてください。

僕はここで和訳を読んでさらにこの歌が好きになりました。

RADWIMPS「tummy」歌詞を和訳して意味を解釈!野田洋次郎作詞 - RADWIMPS(ラッドウィンプス)野田洋次郎の歌詞の意味を解釈・分析するファンブログ

子供ができると宣戦布告

僕の子供がお腹に宿ったと知った時、一番最初に思った感情は「やった!嬉しい」

二番目に思った事は嫁さんと血が繋がってて羨ましい。

僕は最初から自分の子供に嫉妬していました。

他のお父さん達がどういう感情になるのか聞いてみたことがないので、すいませんわかりませんが、僕はそう思ったわけです。

「Tummy」の始まりの文章。

今から宣戦布告
二人の子供にきっと僕 嫉妬すんだよ
きっとそうだよ あぁ もう想像つく
君と血が繋がっているなんて なんて羨ましいやつだって
おとな気なんてこれっぽっちもなく 耐えられなくなって頬を濡らす
 

まさにこれな感情だったんですね。頬は濡らしませんでしたが、羨ましいやつだ!とすごく思っていました。

僕と子供のママ取り合戦 

f:id:dream-619-22:20170708155204j:image

大人げもなく生まれて間もない子供に嫉妬しまくりな僕です。

ママのおっぱいを飲む我が子。いつも抱っこされている我が子。いつも相手されている我が子。子供だから仕方ないけど、仕方なくない!

僕も相手してほしいといつも言っては邪険に扱われるわけです。

ちゃんと子守もしてましたよ。そうすればママに褒めてもらえますからね♪

君が知らないママを知っていると自慢する

あなたが産まれるまでのママの話をしよう
この世のどこにもない物語 俺の人生を

今、子供は2歳になり少し話のキャッチボールができるようになってきました。

歌の中では子守唄がわりに「ママの話」なのですが、僕は今、自慢げにママの昔の話をします。 

君は知らないだろうけどーママは〇〇だったんだよー」と僕がいうと

「えー!すごい」と言ってくれる我が子。

もう勝ち気分の優越感に浸っているわけです。

どちらも一番。でも子供と嫁の「一番は全く違う部分」にある

Listen to me; I'll never say twice,I won't tell you much
So be strong not fist more deeper in you
I'll always love you but second to your mom,of course
I can't give it you

俺の話を聞いて、2度と言わないよ。そんなに多くは話さない。
殴るとか、ケンカという意味ではなく、君自身のより深い部分で強くありなさい
俺はいつも君を愛している、もちろん君のママの次にだけどね。
俺は、君に一番はあげられないんだ。 

僕の子供は幸運なことに女の子です。なので最大の嫉妬心を抱く事はありませんでした。男の子だったらどうなっていたのか…。

子供と嫁さんどっちが好き?と聞かれて子供と答える世の中のパパは多いと思います。

僕はどっちも。ずるい答えをして申し訳ありません。でもどっちも一番です。

全く種類が違う感情の愛情です。

わかりやすい最近の例で言うと、お風呂の時。

うちは家族3人一緒に入ります。いつも子供を洗うのは僕です。

この前ふざけて嫁の体を洗ったのですが、僕の僕が不覚にも反応してしまいました。

子供に反応する父親はいるわけありませんが、そう言う事です。

同じ女性でも心の中の感情が違う。全く順位も感覚も別物な訳です。

f:id:dream-619-22:20170708155425j:image

子育てを開始して2年。今思う事

子供が2歳にもなるとまだまだできない事は多いですが、こちらの言うことも分かってきて一から十までおんぶに抱っこな訳ではなくなってきます。

やっと自分の時間も少しずつ確保できるようになってきました。

子育ては本当に自分の時間を投げ打ってするもので、夫婦のありがたみと言うか夫婦でいる意味を忘れそうになる瞬間というものを味わいます。

子供が全てで頭がいっぱいになりますから、お互いの感謝の気持ちを伝えようとしなければ伝えなくなる。

この延長で淡々と夫婦生活をしてしまい、夫は空気みたいな存在。セックスレスなど問題が起こってくるのかな。

子供が夫婦仲の転機になる事は間違えない

子供ができた上でお互いをどう思うか。どう新鮮な恋愛的感情を残して行くか。そこが難しく重要なんじゃないかと。

僕は嫁が大好き

惚気ブログかいてんじゃねーよと思われても構いません。

だって記事にするのに嘘はダメでしょ?だから正直に書きたいことを書きます。そのために野田洋次郎さんの歌詞を借りてこの記事を書いている訳ですから。

時に粉々にしたり ひっ掻き回してみたり
眩しすぎるってくらい キラッキラにしてくれたり
出逢うまでの俺の日々をただの予告編に
全部独り占めにしたがりのママの作戦に

まんまと 俺はかかったんだよ いつか君も分かるよ 全部使ったんだよ
一生の運を あの時きっと 一生分ぎゅっと 詰めてもやっと
いけるかいけないかくらいのラッキーの使い道と使いどころを
知ってたんだ

僕は嫁さんの作戦にまんまと引っかかっています。

全て嫁さんが仕組んだ作戦だったんじゃないかって位、子供も大好きでそれ以上に嫁さんも大好きです。

子供ができなければ、また違う人生の違う考えの中、嫁さんと生活していたでしょう。

でもそれを味わう事はもうありません。

今この感覚を素直に吐き出させてくれる歌の力に感謝してRADWIMPSに感謝して。

皆さんもぜひ聞いてみてください「Tummy」