トイブロ

恋に遊びに人付き合いのコツ

YouTubeの時代到来。いや!ネットで情報を発信する人の時代がもう来ている

どーもトイザです!

みなさんYouTube見ますか?僕は大好きでかれこれ6年位見て来ました。

最近テレビでも取り上げられ、なりたい職業ランキング男の子の部で第3位(女の子でも第10位)になる位知名度が上がって来た職業でみんなやってみたい仕事の1つとしてやっと認知されてきましたね。

テレビとは違う

僕が思うYouTubeの良いところは

  • 自分の知りたい情報をすぐ得られる
  • テレビみたいにCMが少ない
  • 自分でも動画を投稿できる

このお手軽さとスマホの相性が重なって今の流行りの波が来ていますよね。

ただ誰でも動画を投稿できると言っても実際に投稿する人は少なく、投稿したとしても人気が出る人は宝くじが当たるよりも少ない確率だと思います。

YouTubeをあまく見ていた大人たち

人気があるYouTuberはみなさん若い方が多いです。一般人がYouTubeで人気を取るに多少無茶ができなければなりません。

危険な事。誰もやらないような無茶な事。そんな事ができるのは今の若い世代。25歳くらいまでの人でしょう。昔のようなテレビに刺激がない今の時代。

刺激を求める若者が楽しめるのがYouTubeです。

テレビよりもネットの中で生きてきた今の若い世代が集まる場所に、大きなスポンサーが付きそこに大きなお金が動いている。

それに気づいた大人たちはスマホの1つのアプリの中で大きなお金が動いているとはとても思えず、認めたくもないのが現状でしょう。

ここ3、4年で時代はネット社会

僕は気づいている人のが多いと思っていました。でも最近YouTubeが取り上げられている。それって世の中の大半の大人たちがネット社会がどれほど大きくなっているか気づいてないんじゃないか。そう思ったんです。

トップYouTuberの年収なんて信じられないくらいな金額ですが、そうでもない中堅のYouTuberでさえ、中小企業のサラリーマンよりも稼いでいます。

新聞や雑誌などわざわざ足を運んだり、荷物になるものを使う人はどんどん少なくなっていますよね。雑誌を仕事の休憩中に読んでいる人なんて全くと言っていいほど見なくなりました。

そりゃそうですよね。スマホ1つでわからない事をすぐ調べられて、読みたい漫画も雑誌でさえもスマホで解決します。

人がお金を使うものの8割が娯楽費というくらいです。その中のネットの割合は年々高くなっていています。

高齢化社会が進むから深刻だと言っているけど、逆を取ればネットを使う人ばかりになるって事じゃないですか。この高齢化社会が終わった後、残るのは僕たちですからね。

どんな情報でも気になる社会になる

例えば芸能人の不倫報道が一番いい例でしょう。正直どうでもいい!誰が誰と不倫しようが僕に直接影響を与える事は100%ない。不倫した本人、家族。そこに取りまくスポンサーに迷惑がかかるだけのどうでもいい話。そんな話がニュースになって、会社のおばさま方が休憩の話題になる。

そんなはたから見ればどうでもいい話でも、多くの人が気になって話題になって、そこにお金が発生しているわけです。

そう考えると、僕がこうやって書いているブログもどうでも言い訳ですが、もしここまで読んでくれた方がいれば良くも悪くも何か感じてくれていると思います。

文字を読むのが好きな方は尚更何か感じてくれますよね。

どんな情報でも形にした人が勝つ

どんな情報でも何か形にした人にお金が舞い込み、さらには信頼や権限。存在する意味が与えられています。

ただの働きアリが仕事の文句を言っても何も聞こえません。僕は今ただの働きアリで何を言っても「なんか言ってるよ」と思われるだけです。

僕は勝ちたいと思っています。

ブログという自分の意見を形にする道具を手に入れたので。

ネットを使ってたくさんのことを手に入れた先輩方を見習って自分なりの価値を見つけていこう思います。

何か感じてくれた方。いいねや読者登録よろしければお願いします^^励みになります