読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トイブロ

社会人10年目にして3度の転職。結婚3年目で子供が1人。去年夢のマイホームを手に入れた僕。この世の中に何を思う

転職を考える人たちへ。転職を3回した僕からのアドバイス

い!どーもートイザです♪

社会の一員として、会社の歯車として精神をすり減らしてるみなさん。

雇われている以上、その状況は会社を変えても変わりません。

要は精神をすり減らしながらも、やりがいや居心地の良さを見つける事が、その会社てやっていく唯一の方法です。

それが見つからなければどんどん転職しましょう!

転職4回の経緯

僕は高校卒業と共に就職を選んだ人間です。

早く親から自立したかったので当然ながら就職しか頭にありませんでした。

高校は専門学校という事もありクラスの9割が就職を選んでいました。

最初に選んだのが食品関係の仕事

何か食べ物を作る仕事がしたいと思い就職しました。この時点で将来がざっくりしてますねー。今更反省です。

工場の流れ作業をイメージしていた僕ですが配属された先は営業でした。

高卒で営業!?

もうハードルが高すぎてお先真っ暗な気分だったのを覚えています。

人と話す事は苦手では無かったのでなんとか1年半勤めましたが社風が気に食わなくて辞めました。

気に食わなかった社風と言うのは取締役員の人には行ってらっしゃいませ。おかえりなさいませ。とメイドカフェか!みたいな会社でした。

2つ目も食品関係

地元では勢いのある会社でした。念願の工場職に配属されました。

大きい機械のオペレーターの仕事に就く事が出来ました。やりたい仕事だったのでとてもやりがいを感じていました。

しかし!

人気だった商品が売れなくなり、仕事が減り給料が減り生活していけなくなりました。今もあの仕事がしたいと思う時もあるくらい楽しかったですが、生活できなくなってしまったので仕方ない!転職です!

次は職人系の仕事をしてみます

職人の仕事。かっこいいですよね♪何かを極める事は男の中の男みたいな。

そんな感じで親方と弟子の関係で仕事をしていきます。

「しっかれ覚えれば独立もしていい」「やる気次第でいくらでも稼げる」

その事を親方から言われ、若くして職人で独立なんてかっこいいと頑張っていました。

ただ、給料が本当に少ない。わかってはいましたがバイトした方が稼げるレベルでした。

それでもお昼は奢ってもらえたしなんとかやっていたのですが、朝は太陽より早く起き夜の帰りは10時すぎが当たり前。体をずっと動かしている仕事内容だったのでついに体がダウン。

無理をしすぎて精神的にもやられてしまいました。親方も厳しい人だったのでこれ以上は無理と判断し退職です。

そして今

工場系の仕事に戻りました。今の仕事は梱包・配送系の仕事で大きい倉庫の管理し、梱包のラインの段取りや資材の発注などを任されています。

今までの仕事で学んだ事が生かされてるなと実感があります。多分新卒で今の仕事に入ったら回せないくらい忙しいです。

それでも任されているという使命感。それなりな給料をもらえてやりがいは感じます。

転職は悪い事じゃない

いい事だと思います。新卒と言うブランドは確かに重要ですが初めて入った会社が当たりな事ってなかなかないと思います。

何か違うと思っても、石の上にも3年じゃないですが我慢すれば何か得るものはあるかもしれません。

でも会社の社風とかお金の面とか、自分ではどうしようもない事も多々あります。

上をみたらキリがないですが自分に見合った所を見定めて狙って行くのも悪くないですよ。

転職を考えているなら

悩んでいるのならしちゃいましょう!今の仕事をやめて、ゼロになる訳ではありません

一つの経験としてしっかり自分に返ってきます。

ただ一つの職場に最低でも1年は勤めて欲しいです。1ヶ月2ヶ月では何も学べませんからね。

経験はすればするほど成長できる事は間違いありません。

社会のおばさんの取扱い説明書

はじめに この説明書は作者の経験を元に作ったものです。相手が人間なので予期せぬ事態には対応しておりませんのでご了承ください。

取説の概要 少子高齢化により若い世代が減少し、若い世代の住みづらい世の中になるかもしれません。そんな中、人間関係に少しでも問題が起きないように取扱い説明書を作成しました。

この説明書はおばさんに対応したものになります。おばさん(45〜65)

初対面の時

街中

もし話掛けられることがあれば優しく笑顔で対応しましょう。こちらが忙しいのに長話を始めた時は気にせず会話を終了させその場を立ち去りましょう。

これから先長く付き合う場合

元気な声で挨拶をしましょう。元気がある人は気に入られる傾向があります。 もじもじしていたり、気の弱そうな態度を取るのはやめましょう。おばさんに下に見られるとそれは一生上から目線で来られます。

慣れてきたとき

会話

まず相手の話を聞きましょう。相手が振ってきた話で分からないことがあればどんどん質問しましょう。質問されるとおばさんは喜び会話が弾みます。 日頃から会話の割合は8対2=おばさん対自分を意識しましょう。

お菓子

慣れてくると飴やガム。色々なお菓子を貰えるようになると思います。ごちそうさまを言うのはもちろん、珍しいお菓子をもらった場合は感想を伝えましょう。少しオーバー気味に褒めるととても好印象です。

頼る

自分が出来る事でも、少し甘え気味お願いしましょう。頼りにされてると思わせるのはとてもいい事です。ただ相手が忙しいそうな場合はやめましょう。

気遣い

力仕事、面倒な仕事。ちょっとした事をちょっとやるだけでとても感謝されます。 「あれやっておきましたよ」と言うのを忘れずに。言わないと気づかれない事が多いです。

ここまで書いてある通りに行動してればおばさんに好かれる事間違いなしです!ただこれは一対一の場合であって、集団行動を好むおばさん方を相手にするとまた違って来ます。

おばさん派閥

会社やコミュニティの人数が多ければ多いほど多くの派閥が作られます。その派閥にも見えない順位が存在しそれをいかに見抜くか。これが重要になっていきます。

関わらない

1番いいのは関わらない事。これに尽きます。ただ少し仲が良くなるといつの間にか「あなたは私の味方よね?」の空気に巻き込まれるでしょう。

それでも確信に的な事は言わないように、自分の意見をなるべく答えないように笑ってごまかしましょう

噂話をこちらから話さない

おばさん派閥を理解したつもりでも中々難しいのがおばさんの繋がりです。

違う派閥の情報(悪い話)を話してみるとそのおばさん、実はこちら側だった。なんて事がかなりあります。

そんな事あったらもうこのおばさん派閥は諦めましょう

あとがき

おばさんにどんだけ気を使うんだよと思った方が多いと思います。

でもこれくらいしなきダメなんです。

これくらいしてもおばさんの気持ちの問題で手のひら返される事もあるくらい危険な生き物です。

1番いいのは接点を持たないこと。これに限ります。それでもそうも行かないのが付き合いです。

なので是非こちらを参考にしてみてください。

就職して10年目の僕が感じる事(中小企業の場合)

せっかく会社で今日書く内容をメモっていたのにそれを洗濯してしまったトイザです!途中で気づいたので嫁に怒られなくて済んだのでよしとしましょう。

今日は今年で社会人10年目の僕が今感じている仕事の事について語っていこうと思います。

ブログをやってるとフリーランスという言葉を目にします。この言葉って最近良く言われるようになりましたよね?僕が知らなかっただけなのか、そこは明確ではないですが僕の中でその選択支はありませんでした。

こう見えて←どう見えて?転職を3回している僕は今も会社に務めるサラリーマンです。しかも子供の頃から勉強が嫌いで、そのツケが回ってきてます。転職した先は全て中小企業です。

中小企業で勤めている人のモチベーション

どの会社に行ってもやる気が満々な人はいません。

モチベーションまとめ

  • 会社についた瞬間から帰りたい

  • 拘束時間が長いのに休憩が少ない

  • でも長い時間働かないとお金がもらえない

  • 社長を好きな人はいない

  • 上司を好きな人はいない

  • 与えられたことを黙々とこなすだけでいい

僕が勤めた会社の人たち、特に若い世代は決まってこの事を口にしていたし僕にも当てはまります。だから中小企業なんだなと納得いく雰囲気ですね。

毎日淡々と刺激のない日々

仕事は楽しいものじゃない。耐え忍ぶものだ。的な事が当たり前と言われて育てられればみんなそんな中でも黙々と仕事をこなして行くわけです。

楽しみなのは土日祝日だけでその休みをどう楽しむか、仕事中考えて1日が終わるみたいな事がザラにあります。

これを40年

あと何年これを繰り返すのか。そう考えただけで吐き気がしますよねー。僕の会社は定年が62歳なので34年です。

問題なのは定年間近な先輩方々がこの淡々とこなす仕事を攻略している事。

毎日の繰り返しとこれと言って変化のない日々。その日常を当たり前にして、生きて来た人達がたくさんいます。

当たり前を文にするとなんか変な気持ちですね。これって当たり前なんですよね。

仕事をしてお金をもらって。

楽しいと思って仕事をしてる人なんてこれっぽっちもいない

要するにその当たり前の作業が楽しいか辛いかでモチベーションが変わるって事です。

これから自分の人生を楽しく過ごせるかどうか。

一度辛い。つまらないって思ったらずっとそうじゃないですか?

そこから自分の価値とかを見い出すのは難しい。だからなにも考えなくなって、自分の時間を売ってそれに見合わないお金を貰う。そんな悪循環がグルグルグルグル。

諦めている

そんなつまらない事続けてないで辞めちゃいなよとここまで読んでくれた方は思いましたよね。

それは分かっててもみんな変化する事には抵抗があって、会社に反抗する気がある訳では無い。それが中小企業の中の風潮です。

今の生活に満足はしてないけど不満は無いと言い聞かしてる感じですね。

どんな居心地が悪い場所でも人間対応する力があります。その環境に反発する事は我慢するよりも体力を使うものです。

変えようとするよりも流されてた方が楽で、楽ならこれでいいやと思って仕事をこなして行く訳です。

10年仕事をしていると

サラリーマンでダラダラと仕事をして来た僕は今、仕事をしてる人はみんなこんな感覚の中仕事をしていると思ってます。

自由の2文字は忘れてます。

僕はその自由が欲しいのでブログという物を初めてみました。 これを書いて何か変わるのかなんて分かりませんが、少しでも変化のある日常を手に入れる為に。

少しでも共感してくれた方、いいねや読者登録ボタンをポチっとお願いします^_^単純に嬉しいです♪

最後まで読んでもらいありがとうございました。

YouTubeの時代到来。いや!ネットで情報を発信する人の時代がもう来ている

どーもトイザです!

みなさんYouTube見ますか?僕は大好きでかれこれ6年位見て来ました。

最近テレビでも取り上げられ、なりたい職業ランキング男の子の部で第3位(女の子でも第10位)になる位知名度が上がって来た職業でみんなやってみたい仕事の1つとしてやっと認知されてきましたね。

テレビとは違う

僕が思うYouTubeの良いところは

  • 自分の知りたい情報をすぐ得られる
  • テレビみたいにCMが少ない
  • 自分でも動画を投稿できる

このお手軽さとスマホの相性が重なって今の流行りの波が来ていますよね。

ただ誰でも動画を投稿できると言っても実際に投稿する人は少なく、投稿したとしても人気が出る人は宝くじが当たるよりも少ない確率だと思います。

YouTubeをあまく見ていた大人たち

人気があるYouTuberはみなさん若い方が多いです。一般人がYouTubeで人気を取るに多少無茶ができなければなりません。

危険な事。誰もやらないような無茶な事。そんな事ができるのは今の若い世代。25歳くらいまでの人でしょう。昔のようなテレビに刺激がない今の時代。

刺激を求める若者が楽しめるのがYouTubeです。

テレビよりもネットの中で生きてきた今の若い世代が集まる場所に、大きなスポンサーが付きそこに大きなお金が動いている。

それに気づいた大人たちはスマホの1つのアプリの中で大きなお金が動いているとはとても思えず、認めたくもないのが現状でしょう。

ここ3、4年で時代はネット社会

僕は気づいている人のが多いと思っていました。でも最近YouTubeが取り上げられている。それって世の中の大半の大人たちがネット社会がどれほど大きくなっているか気づいてないんじゃないか。そう思ったんです。

トップYouTuberの年収なんて信じられないくらいな金額ですが、そうでもない中堅のYouTuberでさえ、中小企業のサラリーマンよりも稼いでいます。

新聞や雑誌などわざわざ足を運んだり、荷物になるものを使う人はどんどん少なくなっていますよね。雑誌を仕事の休憩中に読んでいる人なんて全くと言っていいほど見なくなりました。

そりゃそうですよね。スマホ1つでわからない事をすぐ調べられて、読みたい漫画も雑誌でさえもスマホで解決します。

人がお金を使うものの8割が娯楽費というくらいです。その中のネットの割合は年々高くなっていています。

高齢化社会が進むから深刻だと言っているけど、逆を取ればネットを使う人ばかりになるって事じゃないですか。この高齢化社会が終わった後、残るのは僕たちですからね。

どんな情報でも気になる社会になる

例えば芸能人の不倫報道が一番いい例でしょう。正直どうでもいい!誰が誰と不倫しようが僕に直接影響を与える事は100%ない。不倫した本人、家族。そこに取りまくスポンサーに迷惑がかかるだけのどうでもいい話。そんな話がニュースになって、会社のおばさま方が休憩の話題になる。

そんなはたから見ればどうでもいい話でも、多くの人が気になって話題になって、そこにお金が発生しているわけです。

そう考えると、僕がこうやって書いているブログもどうでも言い訳ですが、もしここまで読んでくれた方がいれば良くも悪くも何か感じてくれていると思います。

文字を読むのが好きな方は尚更何か感じてくれますよね。

どんな情報でも形にした人が勝つ

どんな情報でも何か形にした人にお金が舞い込み、さらには信頼や権限。存在する意味が与えられています。

ただの働きアリが仕事の文句を言っても何も聞こえません。僕は今ただの働きアリで何を言っても「なんか言ってるよ」と思われるだけです。

僕は勝ちたいと思っています。

ブログという自分の意見を形にする道具を手に入れたので。

ネットを使ってたくさんのことを手に入れた先輩方を見習って自分なりの価値を見つけていこう思います。

何か感じてくれた方。いいねや読者登録よろしければお願いします^^励みになります

【子育て】歩き始めた子供を危険な事から遠ざけない

親の数だけ子育てのルールがあります。どうすれば正解だったのか、そんなの子供が大人になっても分かりません。

それでも子供には色々な事を教えなければなりません。なにをどう教えればいいか。これから子供が生まれる人や同じくらいの歳の子を持つパパママに我が家でやってみて正解だったなと思う子育て方法を紹介します。

ちなみに僕の子供は2015年7月生まれで今1歳10ヶ月です。かわいいです♪

歩き始め始めたら

1歳前後。歩き始めると赤ちゃんだと思ってた我が子は急に子供になったと感じます。自分の意思で手の届く物全てを触りに行きます。

もちろん触って欲しくない物。触って怪我しそうな物はしまいましょう。

それ以外の物はあえて置いておきます。子供は僕たちが使う物に興味があります。与えられたおもちゃなんてしょうがなく遊んでるだけだと思ってください。

あれはなんだろう?これはどうやって使うのだろう?目をキラキラさせて遊びます。

まだまだなんでも口に入れる時期なので誤飲しないように目は光らせましょう

行く場所を仕切らない

どんどん筋肉が付いて来てソファーは机の上などどんな所でも行こうとします。1番好きなのはママがいるキッチンですね。

問題なのが触って欲しくない物がたくさんある事。しかも油やお湯など跳ねたら危ないですよね。それでも我が家は入れないように仕切りはしませんでした。

ゴミ箱はあさらせないように工夫しました。捨てるのが面倒だけど蓋が付いている物にしたり、それでもどんどん知恵が付いてきて開けてくるので手の届かない背の高いゴミ箱にしたり。

そんな僕たちの考えた事によって子供も変わった状況をどう攻略するか考えてきます。いい意味のイタチごっこですね。

ソファーから落ちそうになったら落とすとか机の下に潜って立とうとしてもそのまま立たせて痛い思いをさせます。もちろんソファーの下には頭を打たないように、骨を折らないようにクッションを置いておきます。

やられたらやり返す

倍返しは無しですよ!

僕の事を叩いてきたら叩かれた所を叩き返します。物を投げて来たら投げ返します。

「そうやったら痛いんだよ?」という言葉も忘れずに。

あとよくやるのが泣いたフリですね。「えーん!痛いよー!」と超オーバーにリアクションします。最初の内はこれをやっても笑っていますが少しずつこれはやっちゃダメな事と理解してきます。

それでもまだうちの子は攻撃してきますが。

体で体験させる大切さ

我が子はかわいいですよね。だからと言って過保護に育てるのは違います。

少し物心ついたら教えればいいや。もう少し言葉を理解したら分からせればいいやではダメです。

高い所から落ちたら痛い。叩いたら痛い。物を投げたら危ない。これを触ったら怒られる。これを食べたらダメ。

そういう危険な事は体験しないと理解出来ません。3歳位の子供が誤飲したり、高い所から落ちて死亡したりそんなニュースを聞くとそういう本能的な部分を親が教えなかったのかなと思うわけです。

習うより慣れろ。百聞は一見にしかず。大人でも言える事はもちろん子供にも当てはまるわけです。

言葉がわからないから、大人になって記憶に残らないから教えなくていいやでは絶対に子供の為になりません。

注意

危ない事をさせる時は絶対に目を離さない事前提です。

手が離せなかったりする時は仕切りをしていいと思います。家の事が出来なくてイライラして子供にあたっては本末転倒ですからね。

楽しい子育てライフを♪

【恋愛】プロポーズしたけど場所なんてどこでもよかった位失敗した話

トイザです♪

今回はプロポーズの話でも これからの人はこれを参考に、済んだ人はこいつよりマシだったと思って読んでください

僕の予定

「結婚しよう」

その言葉を言いたい人が現れると男ってのはどういうプロポーズしようか考えるものです

高級ホテル。旅行先。フラッシュモブ?はたまた自宅。友達を巻き込んだサプライズ。色んなパターンがテレビなどで紹介されてみんな華麗に決まっていますよね

僕も自分が思うかっこいいプロポーズをしようと思っていました

場所は海

僕が住んでいるところは海なし県で海に行くには2時間弱車を走らせないと行けません。なのでかなり特別な場所です

そこで夕日を見ながら波打ち際で「僕と結婚してください」とスマートに決める!

手は込んでないけど僕の中でこれが1番憧れで、かっこいいとその頃は思ってました

決行

いよいよプロポーズする日です

移動

前の晩はセリフを考えるのに必死で寝たけど寝てないみたいな感じでしたね。運転しなきゃ行けなかったので眠眠打破を朝から飲みます

どうしてもその日にプロポーズしなくては後々の予定に問題が生じるので天候も神頼みでした

曇!!

曇なら晴れろよ!

誘い出す口実も大変でした。季節は秋も終盤。海に行こうなんて誘い出したら

「こんな寒いのになんで海!?は!?」となるのは目に見えてて、それでも口実が思いつかなかった僕は「ドライブ行こう!」

いつもドライブなんか行かない僕からしたら不自然過ぎたと思いますが、彼女は「新鮮でいいねー♪」と上機嫌でした

到着

海に到着です。

「こんな寒いのに海!?外出るの!?」

ですよね

「浜辺歩こうよ」

心臓が口から飛び出そうな位緊張していて、口もカラカラ。予定のセリフを言える自信が無くなるくらい緊張です

ここからがハプニング

緊張も緊張。

何か気を紛らわす事をしなければ無理!そんな僕の目の前に片足で乗れるくらいの石が波打ち際に転がっていました

「あの石に乗って波が来ても逃げないから!」

僕はどうでもいいことをし始めました。緊張し過ぎて自分でもなぜこんな事をしてるのか分かりません

今で全然大きな波が来てなかったのに僕が乗った時に限って大波!

片足びしょ濡れです。しかも雨が降って来て車の中に戻りました

僕の視点からすればプロポーズしなければというプレッシャーの中でこんな事が起こってたので笑い事ではなかったですが、彼女からしてみれば僕がふざけてバカな事してるとしか思ってなかったみたいです

グダった末に

まったく予定通りいかなかった僕のプロポーズは車の中で片足が濡れてる状態でする事になりました。内容は割愛しますが結局どこでも出来るプロポーズになってしまいました

なかなか自分の思い通りに進まないプロポーズの話はないかなと思って書いてみました

彼女からすればどんな場所でどんな形でもプロポーズはプロポーズ。 嬉しい事に変わりはなかったみたいです

手の込んだ事を予定していないのなら無理せず自分がうまく行く範囲のプロポーズをオススメします!

仕事が苦手な人は何回教えても出来ないから教えるの諦めたほうが楽だと思って実践中な話

はい!トイザです

新入社員や中途採用者。バイトやパートに仕事を教える立場のみなさん。お疲れ様です。何も分からない人に何かを教えると言うのは結構な体力を使いますよね

そろそろ教えてる人の能力や性格もわかって来た頃ではないでしょうか。最初は出来なくても「大丈夫ですよ」の心で教えていますよね。でもその目はどんどん厳しくなっていくものです

最初はじぶんを責めるものです

何度も何度も何度も何度も同じ事を教えても出来ない人いますよね。同じミス。同じ質問。そんな事を繰り返されると教えてる方も考え始めます

自分の教え方が下手なのか。もっと分かりやすく丁寧に教えなくちゃダメなんだなと

自分が慣れているから何かを省略してしまってるのでは?こうすれば上手く伝わるかな?そんな事考えてると仕事で忙しいのに更に仕事が増えて頭もパンク寸前

そうなるとイライラが止まらなくなります。仕事にも時間にも余裕があれば怒りも多少減るでしょ

仕事が苦手な人の特徴

少しも進歩しない人には決まった特徴があります

  1. 質問をしてこない

分からない事だらけなんだから質問してこいよと! 僕が思うにメモなんか取ってるよりも質問した方が色々覚えられる

2.返事が小さい

声が小さいんじゃなくて小さくてもビシっと簡潔な返事ができないって事。仕事中の受け答えはとても大事

3.周りを見ない

周りの人がどんな動きをしているのか少しも見ない人も多い。位周りキョロキョロしていいんだよ!と言ったら、鼻で笑われた記憶ありです

この3つの内2つ出来ないと仕事内容の覚えも良くないです

ぶっちゃけ仕事に来て3日くらい…いや1日でこの人は仕事が苦手かどうか検討つけていますが、緊張してるとか体調悪いとかあるかもしれないので一週間は様子をみます

苦手な人はいつまでも苦手

仕事が苦手なら違う事を少しでも効率良く回すように考えるのが上司の役目です。そんな中、僕の上司は仕事が苦手な人にもとことんやらせて、出来なければとことん怒ります

とことん人を追い詰めるので追い詰められた人は自信を無くして退社。そんな事の繰り返しで出入りが激しい

そこまで言ったら虐めじゃん。って思う事も沢山言ってます。見てるこっちは辛いんですよね

それに意見出来ない自分も出来ない人だったり

苦手な人には出来る事を

全部伝わると思って仕事を教えるとイライラする訳です。最初から7割諦めてれば、だよねと思えますよね

期待すればするだけ答えが返って来ないと怒りに変わるものです

僕はなんでも教えた後に「何度でも聞いてくださいね♪」と言うようにしてます。なんでも聞きやすい環境を作っておけば仕事が苦手な人も居やすい状況になるのではと考えています

実践中な途中結果

みんな嫌な思いはしたくないので何かあると上司ではなく僕に聞いてくるようになりました。なんでも聞いてくると言う事は仕事をちゃんとやろう。どうすればいいのかと考えてくれてる訳ですから、おおきな進歩です

そして仕事が苦手な人も少しずつ容量良くなって来ています

教えるのを諦めて「分からなければ聞いてください」のスタンスは案外使えそうです

自分を楽に

仕事が苦手な人は何回教えても出来ない。そのことにイライラするんじゃなくて出来ないなら出来ないなりな事をやってもらって、分からないことがあれば聞いて貰う

そんな感じで期待するのを諦めれば落胆も少なく済んで自分も楽になりますよ!

少しでもお互いの心の負担を少なく毎日の社畜生活を送りましょう!

最後まで読んでもらいありがとうございました♪